終の矢はいつ放たれる?

アベノミクスの終わりの矢が放たれる時は、つまり安倍内閣が終わる時を意味しています。今後安倍内閣の経済政策が大きく転換する可能性は低く、現在の政策を推し進めた方向になるでしょう。安倍内閣が終わるときは、次の解散総選挙時に予想されます。その時には次の首相が新しく就任することになるでしょう。
ではその終わりをつげる矢がいつ放たれるのか?ということが関心どころになるのではないでしょうか。矢が放たれる前に国民からの不支持が高まる可能性もありますが、終わりを告げるのは政策の失敗を認める時になるでしょう。アベノミクスは成果をあげた反面、期待する結果に繋がらなかったことや国民の生活の面での圧迫が問題となっています。これらの爆弾も抱えたままで、矢を放つのは先の第一次安倍内閣同様、責任感の欠如が問いただされる可能性もあります。国民として期待するのは経済への更なる改善と成長促進であり、それが達成できた際に矢を引き抜き放って欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です