アベノミクスの名前の由来

昨今マスコミや新聞などで大きく取り上げられているアベノミクスについて、よくわからずに政策の1つだと考えている方もいるでしょう。今一度アベノミクスについて考えてみましょう。
アベノミクスの名称の由来については、中川秀直氏が呼称した安倍内閣とエコノミックスを合わせた造語となっています。ドイツ語や英語、フランス語ではAbenomicsと表記されています。これは自由民主党の安倍晋三氏が掲げている経済政策についての総称でもあり、第一次内閣と第二次内閣共に取り組んでいます。第一次内閣の際には、小泉政権の構造改革の延長であり、美しい国日本などをスローガンに行っていました。第二次内閣では時流を汲んだ大規模な金融緩和、民間投資を呼び起こす成長戦略を軸に拡張的な財政政策を展開していきました。一般的には第二次内閣での取り組みをアベノミクスとして呼んでいることが多いです。
今後も多くのメディアやマスコミから取り上げられることが予想されていますので、しっかり踏まえておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です