アベノミクスはいつまで続く?

アベノミクスはいつまで続くのか?こういったこにについてはしばしば新聞やマスコミの議論の焦点となっています。
安倍内閣の今後の大きな優先事項としては、消費税率10%への引き上げの達成になると考えられています。そのため消費税率8%への引き上げ後の解散総選挙によってアベノミクスについての信任を問うといった方針をとったことからも、消費税率10%への達成は今後も取り組まれていくでしょう。そのため消費税率8%の景気の失速感を含めて、今後も金融緩和などを行っていく間はアベノミクスが終了することが限りなく低いと考えられます。しかし、10%への引き上げが決まった場合には、安倍内閣の賞味期限が完全に期限切れとなり、経済と相場もリスクが拡大することになるのが予想されます。また安保法案などの強行採決についての国民感情なども含めて、内閣への支持率が持ちこたえる間はアベノミクスは継続して取り組まれるでしょう。国民として今後の動向を注意深く見守っていく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です