安倍総理、決意の解散総選挙

安倍内閣は2006年に第一次が発足し突如の辞任を受け解散、政権交代を経て2012年12月26日第二次安倍内閣が発足されました。当時は大きな話題になりこれによりアベノミクスを推し進めてきました。
それから約2年後の2014年11月18日、安倍首相は、衆議院を解散する意向を公式に表明しました。2014年11月21日に衆議院が解散され、第47回衆議院選挙が行われたのです。この解散は消費増税10%への移行の見送りと経済成長の立ち止まりを受けて再度国民への信任を問うといった形になっています。このアベノミクスに対する信任ともいった解散総選挙については、任期半ばということもあり、様々な論評が巻き起こりました。結果としてこの選挙に勝利した安倍首相は、2014年12月24日に第三次安倍内閣を発足させることになります。アベノミクスを更に進化させるといった宣言の他、安全保障に関する法案の準備も進めていくことになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です