TOP

アベノミクスが大々的に叫ばれるようになってから早数年、この影響によって良い思いをしたという方もいれば今も生活が苦しいなんていう方もいるのでは無いでしょうか。全員が良い結果に恵まれることなどは難しいものですが、それでも多くの国民の生活を喜びのあるものにするのが政府の役目です。アベノミクスの軌跡を振り返り、今後政府がどのような動きになっていくのかを知ることは有意義でしょう。

まずアベノミクスの誕生について、アベノミクスが騒がれるようになったのは2012年頃からと考えられていますが実は2006年からスタートしていたことをご存知でしょうか。第一次安倍内閣が発足した2006年9月にはアベノミクスという言葉は誕生しており、当時の新聞やマスコミなどにも取り上げられていました。2006年の時点ではアベノミクスの目標とする内容が小泉政権時に行っていた構造改革の延長であり、官から民へ、改革なくして成長なしなどといったフレーズも生まれた小泉政権の後追いにとどまっていました。しかし当時の政権においては首相の潰瘍性大腸炎の病状の悪化により辞任となってしまい、志半ばといったところで終わってしまいます。

民主党政権からの奪還劇を受けて2012年に第二次安倍内閣がスタートします。第一次内閣の時とは打って変わって、大規模な金融緩和、拡張的な財政政策、民間投資を呼び起こす成長戦略の三本の矢を持って大々的にアベノミクスを打ち出すことになりました。この取り組みによってインフレの予感から投資の面で大きく為替などの値が動き、投資家などからは大きな反響が有りました。また長らく陥っていたデフレ解消などについても好意的に見られた反面、実質的な経済成長や賃金の上昇などが追い付いていないという面があります。今後もアベノミクスの動向には注目されており、また焦点となっている消費税率の引き上げの行方なども含めて行く末を見守っていきましょう。

備忘録

ワークストラストのISO27001取得・更新サポート
中小企業専門コンサルティングではトップクラスの実績

男性も女性も楽しめる腕時計テンデンスの通販
安心のアフターフォロー付きの正規通販で

平日夜・土日も可能な大阪会社設立無料相談
起業専門コンサルタントがお答えいたします

最新スマホゲームの紹介と攻略が読めるニュースサイト
芸能ネタや面白ニュースも充実

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です